じめじめした季節のわきのにおいに注意

わたしたちの体から放たれるいくつもの臭い。体臭。 環境や年齢によって大きく作用される体臭ですが、生まれ持ったものの要因は非常におおきく特に【わきが】の人は周囲に気づかれやすいので本人が自覚して十分に注意しなければ嫌われたり疎遠になるきっかけになることもあります。 本人がそれほど気にしていなくとも周りの人からすると不快だったり、思わず鼻をつまんで顔がゆがんでしまうような場合もあります。 そんなわきがの人が1年で最も気を付けている季節の一つが「梅雨の時期」ではないでしょうか。 梅雨の時期は湿度が多く、じとっとした汗をかきやすく蒸れるためか臭いも臭くなりがちです。 自分ではそこまで汗をかいていないと思っても脇のあたりをチェックすると強烈なにおいが。 また冬に比べて薄着になるのでその分臭いも拡散されやすくこの時期は要注意の時期ですね。 一般的に広くされている制汗剤やロールオンタイプのものはわきがの人にとっては効果が低いので、効果の高い強力な塗り薬なとを利用するように心がけるとよいかもしれません。自分の体の臭いは、気になるものですよね。体の臭いは勿論ですが、汗の臭いやわきの臭い、足の臭いや頭の臭い。「自分は臭っているんではないか?くさいと思われてるかも?」と思いだしたら最後、気になって仕方が無くなります。今すぐにでも帰宅して、シャワーを浴びたくなるほど憂鬱になり、不快な一日を過ごすのも悲しいですね。私の主人は、自分の体臭をとても気にする人です。わきに汗をよくかくので、出掛けると何度も「臭くない?」と聞いてきます。身内には聞きやすい事でしょうが、他人にはそうはいきません。相手に不快を与えないように、制汗剤もまめに使い、仕事柄、汗を多くかきそうな日は、着替えを数枚持って出勤しています。少し神経質すぎるのでは?と思いますが、やはり体臭が強いと自覚がある分、気になって仕方がないのでしょう。ちょっと考えすぎ!と感じる事も多々ありますが、臭いの感覚も人それぞれ違うのかもしれません。やはり、他人に不快を与えない程度にケアすることは、エチケットとして必要なことですね。
チチガ 対策 おすすめ