妊活中は冷たい飲み物を避けた方がいい

徐々に暑さが厳しくなってくると思わずよく冷えた飲み物が欲しくなりますが、妊活時には、極力冷たい飲み物は避けてください。その逆に、温かくしてある飲み物を飲むと血液循環が改善して、妊娠に重要な役目を果たすホルモンの働きもよくなります。飲み物のみならず、生活全体を通して体を冷やさないように気を付けてください。皆さんご存知のように、妊活中の方にとってはできるだけ体の冷えは回避したいものです。その主な理由は、冷えに伴う血行不良によって卵巣や子宮などの妊娠に大切な器官が満足に働かなくなるかもしれないのです。冷えの放置は厳禁です。冷えに悩まれている女性は、靴下を利用する「冷えとり健康法」といった方法などで体を温めるようにしながら、冷え性を改善するようにしましょう。もし、妊活をしているのなら、色々と配慮が必要です。風邪薬の服用の是非については、そんなに深刻な影響は及びません。しかしながら、少しでも妊娠することに良くない影響が及んだらどうしようと心配ならば、問題はないのかどうかを医療機関に尋ねてみましょう。2人目が出来るといいなと妊娠するのをのんびりと待っていたら気付けば3年後、まだ妊娠していなかったので、自分または主人の健康状態が大丈夫なのか心配になりました。1人目の子供を育て上げるためにも元気である必要がありますから、これをチャンスと捉えしっかりと調べてもらって、何もなければ妊活を始めようと夫と話し合って決めたのですが、今思ってみればこの話し合いが私が妊活をはじめたきっかけでした。ほんの少しでも早い時期に子供が欲しいと妊活する場合、栄養に留意することはとても大切です。太ってしまってはだめですが、ダイエットという考え方は一度忘れ、栄養摂取を確実に行うよう努めてください。おやつを食べることも栄養補給の一環と考えて食べ過ぎさえしなければ気分転換にも良いと思います。妊活においては、ママとなるはずの女性の活動だと考えられることが往々にしてありますが、本来、夫婦であるならば男女が協力して妊活を行うべきです。では、男性が出来る妊活の一つ、毎日の食事に注目してみましょう。栄養素のうち、男性の妊活に貢献するものと言えば、亜鉛、アミノ酸の一つであるアルギニン、そしてビタミンE、ビタミンB群といったものを挙げることが出来ます。こういった栄養素を毎日食べるようにして、妊娠の確率をより上昇させませましょう。子供を産みたいと妊活を継続している方は、お守りの力に頼ってみてはどうでしょう。一例として、鎌倉にある長谷寺は子宝と縁のあるお寺で、このお寺で扱われているお守りは、妊活中の気分をリラックスさせ安心することができるでしょう。それ以外にも、妊活に関係するお守りで、パワーストーンなどもありますので、複数のアイテムを持ってみてもいいと思います。流産や胎児の先天性異常との関係も指摘されており、赤ちゃんがほしいと思っている方も積極的な摂取が叫ばれている葉酸ですが、サプリメントを飲んだ時の効果は血液検査で容易に調べられます。さらに、葉酸のほかに注目しておきたい検査結果の値としてはビタミンB12を挙げることができます。なぜかと言うと、ビタミンB12は葉酸と関係があって、葉酸の過剰摂取のせいで、ビタミンB12不足がはっきり分からなくなってしまう事があるからです。妊活を行っている時は食べ物は、体を温めるようなものを選ぶようにしましょう。野菜のうち、大根やゴボウや人参のような根菜類の場合は、食べることで体を温める効果があり、お勧めです。一方、「身体を冷やす野菜」は、きゅうり、なす、トマトなどの旬が夏の野菜が挙げられます。果物に関していうと、デザートとして少ない量を食べるだけならまだしもジュースにして飲むとついついたくさん飲んでしまい、体の冷えに繋がるので、飲み物もあたたかいものを摂るのがいいでしょう。妊活を行っている時は普段以上にストレス解消に努めることが肝要です。その考え方からいくと、バスタイムにリラックスすることは効果的ですが体に負荷をかけない方が無難だという立場から言うと熱いお湯であったり、長時間湯に浸かるということを控えた方がいいでしょう。熱は意外と、体に負担をかけてしまうのです。

<参考>ピニトール配合サプリのおすすめランキング