オデッセイを高く売るならディーラーの下取りは避けましょう

ホンダで新車を買う場合、今の車をディーラーに下取りしてもらうという選択肢もありますね。でも、本当はディーラーに下取りをお願いすると、実は損になるケースが多いはずです。ディーラーは新車の販売がメインですから、下取りの価格を高くしてしまうと、それだけ儲けが減ってしまいます。車を売ろうと思っているときに、買取と下取りのどちらを選択すべきかというと、高く売りたいなら買取です。下取りを選択した場合は買取よりも安い値段で売ることになる可能性が高いです。下取りでは評価されない部分が買取の場合に評価されるケースも多いです。特に事故者を売却する場合は、下取りだと評価がかなり低く、廃車費用を請求される場合もあります。業者が前に乗っていた車の下取りをするのは、次の車を買ってもらうためのサービスといってもいいでしょう。新しくない車買取業者に買取を依頼した時のように、中古車のグレードやカラー、追加要素などの世間からの受けの有無は下取り金額には影響はありません。ディーラー下取りに出すより先に、古い車買取ディーラーの査定を受けて、レートを知っておいてください。車の出張査定をお願いしても買取を断ることが可能です。出張調査決定とは、自分が所有する車を売ってしまいたくなった時に、中古車買取業者が、いくらぐらいで売却出来るのかを家まで査定に来てくれるサービスのことです。査定の値段が、自分の思っていた金額よりも低いケースには、拒んでも問題ありません。車検が切れた車の査定についてはもちろん、査定は受けられるのですが、車検を通っていない車は当然走行できませんから、出張査定を選択するしかありません。車検を通して売却を試みようとするよりかは、車検は放っておいて売ってしまう方が、必ずトータルでお得になりますから、きっぱり出張査定を受けてしまうのが良いです。そしてこんな時も一つの会社に査定を頼まずいくつかのところで査定を受けるようにすると手間かもしれませんが得になります。売りたい車の査定を受けようとする際には、とにかくきれいに車を洗っておくべきです。査定を行うのは人ですから当然、一目で手入れされてないとわかる汚い車よりはきれいに洗われた車にいい印象を持つでしょうし、それが査定額に影響するとしても不思議ではありません。車の汚れについてはそれだけでなく、汚いままだと、小さな傷などの有無を確認するのが難しく、そこで査定額が減らされる可能性もあります。また、洗車を行うなら外装だけでなくタイヤまわりなどに溜まった汚れも落としておくといいでしょう。当然ですが、車の査定の時は走行した距離の短い方が査定の額は良くなります。走った距離の長い方が、その分だけ車が劣化するからです。そう言っても、走行した距離のメーターをいじって改ざんするとそれは詐欺ですから、走ったものは諦めましょう。次の車からは、売る時のことまで頭に入れておいて無駄な距離を走らない方が良いかもしれませんね。インターネットを使うことで、車の査定額の相場が分かるでしょう。中古車買取業者の大手のところのサイトなどで、車買取価格の相場が分かるでしょう。相場を調べておくことで、相場より安く売って損してしまうこともないので、申し込みの前に確認をきちんとしてください。とは言っても、車の状態で変化するため必ず相場の通りに売れるというわけではありません。車査定と下取りを比較したとき、下取りのほうがいいと考えられる方もおられるでしょう。確かに、下取りでは欲しい車を愛車の下取り額で購入額から値引けますし、買取手続きも購入手続きもいっぺんに行うことができるので楽ではあります。ですが、売値だけに限って考えると、車査定の方が高い額をつけてもらえます。自動車の査定をするときには、スタッドレスタイヤを装着した状態ではなく、冬用ではない標準のタイヤにしておいたほうが良いでしょう。査定を行う時、スタッドレスタイヤはマイナスになる要因です。もし、状態がいい場合はスタッドレスタイヤも車とともに買い取ってもらえることもありえますが、走り過ぎて溝がすり減っていると、処分の費用がかかるかもしれません。
チェック⇒オデッセイ 買取相場